ベリテ

81.027%の買付けでした。あん分比率は0.81029。
みずほインベスターズ証券の場合は、計算過程及び計算の結果が付いてくるから、今後の戦略がたてやすいです。
大和証券も見習って欲しい。
いずれにいたしましても、IPO、PO(ビックカメラはしくじりましたが・・・)、CBというノーリスク案件が日照り状態ですので、こちらでコツコツ拾うのも一法だと思ってます。
しかし、やはり、自分で自分の首を絞める展開(笑)になりますので、タイトルと矛盾しますが、TOBに関しては、あまり掲載いたしませんので、御了承下さい。
まだまだ、証券会社ネタだけでも外資を含めれば、50~70社ぐらいは投稿できると思ってますので、御理解願います。

つくしんぼ

この手のデザインは可愛いですね。
イチロー選手のテレカよりこのデザインのマスコット人形や携帯ストラップの方が個人的には人気が出ると思いますが如何でしょうか?
内容は、オーストラリア・コモンウェルス銀行 第4回円貨社債(2008)のサムライ債です。
利回りより、最大のポイントはオンライントレード不可というところですから、しっかり、最小限の投下で実をとりたいと思っております。
但し、どれくらい妙味があるのかは正式スケジュール待ちですね。
勿論、私が言う実がPOやIPOである事は言うまでもありません。^^;

事故概要確認書

久々に経験をしました。しかも100%、証券会社のミス。
詳細は省きますが、あまりにもお粗末な対応です。
昨今は電話連絡を全て録音しているので、責任の所在は明白です。^^;
ただ、偶発的?にこのような事が起こったときに、文句を言ったり、出金をするのではなく、今後の交渉の材料に繋げる事を推奨します。
勿論、お詫びとしての物品の受取りは全て断るべきですよ。
それよりも、我々、個人投資家が一番欲しい物がありますよね。
それですよ!(笑)

エース証券

ランド建債券のイメージしかありません。
担当が代わらなければまだお付き合いは続いていた気がします。
それくらい、IPOの配分方法、連続当選者への金融庁への届出書類の内容等、よく内情を教えてくれました。
それに、本当はもう少し前に知り合えたら、未公開株の入手のチャンスもあったみたいです。
(しかし今となっては上場はかなり先になると思われますが・・・)
また、ビナキャピタルを口説いたのには驚きました。
購入者はここまでの下落は想像付かなかったと思いますが、私も他社でベトナム投資をしていなければ、購入していたと思います。

パワフルインド

はじめて聞いたときエステのコースと思いました。(笑)
大和証券だけではなく信金も巻き込んでますね。
そもそもインド投信は、最近はフランクリンでも発売しましたし、クリストファー・ウッド氏も熱く語っているが、今後の展開は約束されているものではありません。
勿論、それなりには面白そうですが、+αがなければ、やはり個人的には購入する気になれません。
尚、ブラジル投信も国際の格上げのおかげで一気に手仕舞いをすることができました。いい臨時収入になりました。しかし、ベトナムが・・・

丸八証券

ケイセス食品ですっかり有名になりましたね。
でも、正直言って長年IPOをやっていると何を今更という気もします。
初日にIPO当選者に売却注文を出させない、逆に板を支える買いの指値の注文(架空)を入れさせる等、私が知る限りでも結構な数があります。
それでも、金融庁に叩かれ、この展開でも内定者14名が、キャンセルすることなく入社して活躍中との事ですので独自性を見出して頑張って頂ければ幸いです。
しかし、社長はIPOの引受はもうしないと言っているので、口座にある私の小額のMRFは出金すると思います。(笑)

プライムワークス セカンダリー

何人かの方から何点かメールを頂いたのでお答えします。

①JACKさんは初値で売却しますか?
私はIPOはブックで獲得することが醍醐味ですから、2株とも初値で売却します。
昔なら、新光証券から多少の情報も入ったかもしれませんが、最近は野村の事件もあり、初値後の価格形成の情報が入りません。また、丸八みたいな事もあるので派手な動きは出来ないと思っております。 但し、その状況に応じて、同値でクロス、若しくは上値や下値で買い戻しや買い増しをすることは考えております。

②月曜の引けで買って火曜日に売却という即金のテクニックはまだ通用しますか?
どのくらいのリスクを追えるのか、出来高かどうなのか、VCの動き、あるいは貴方や私含めた個人投資家の動向次第と思っております。
私は、リスクを背負いたくありませんので、おそらく参戦しません。
但し、これも①同様、その状況次第では、(例えばストップ高やストップ安)リスクをとれる確率がかわれば、参戦するかもしれません。

お答えになっていないかもしれませんがよろしくお願いします。

丸三証券

いきなり電話を受けた。
見せ板疑惑か二ヶ月間無料繰り返しがらみの警告かそれとも疾風くんが何かやらかしたか・・・
IPOや投資信託営業も心当たりない。
恐る恐るコールバックすると、JACKさんと同じ地番に当社に口座開設をしているとの事。
つまり、私に別名で複数口座を開設している疑惑をかけたのですね。
ついでに言うと、2件隣の個人情報まで洩らしている。
いい加減にしてもらいたい。文句を言う気も失せました。
コンプライアンスを疑う。
手数料の安さと優待のお米しかイメージがわかない証券会社であるが、老舗でこのような対応は残念で致し方ない。。。

みずほインベスターズ証券

結構、本社は別格ではあるが、雰囲気は支店によってかなり違います。
(概観、内装、担当のルックス含めて)
私も4回ほど移管しているので、実感しています。(笑)
但し、IPOに関してはしっかり裏ルール(もうほぼ知れ渡っていますが)が構築されてます。
また、ここぞと言うときには、バーターが私の支店では効きますので、今後もお付き合いを継続しては行きたいと思いますが、何せ、A級クラスの引き受けがない状態。。。(>_<)
ちなみにTOBの引き受けも完全抽選なんでしょうかね。
何せ、買取率が微妙ですから・・・(苦笑)

キャタリスト証券

言葉の意味はなかなかの証券会社だと思いますが、何故、このタイミングなんでしょうか?
また、禁句であるが、場所柄、思い出される痛々しい事も皆様、御承知のとおり。
取り扱い証券会社が少ない状況下では参入余地が大きいのでしょうか?
私が一番気にする有言実行の15社の新規登録からお手並み拝見ですね。
そもそも最近のグリーンシート市場はどうなんでしょうか。
グリーンシート銘柄におきましては、私が知る限り、ロスカットを既にしている方か買ったことを忘れている方のパターンしかいない気がします。