投資信託早期解約依頼書

我々IPO投資家にとっては重要な書類です。
申請書を兼ねているところもありますし、名称も社によって異なります。
何せ、社用欄の決済は、担当者、内部管理者、部長、営業本部長、+αで、投信担当役員と業務部長の決済欄がございます。
だから下手な解約理由や解約代金の使途を記載すればどうなる事やら。
支店裁量配分という獲得方法に遠ざかるのみです。
嘘を書く方もいますが、度が過ぎるとそれも如何なものかと思います。
ちなみに、私は正直に、担当が一番喜ぶ理由を書いていますが、やはり長期で持たされロスカットとなると、納得がいかないので、やはり、購入時もお付き合いと言えども分析は必要になりますね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)