ぐるなび事件

2005年4月上場銘柄である。
野村証券店頭50万攻略方法を11回目で成功させ、3株を頂いた思い出深い銘柄でもある。
公募値は90万円。初日値付かずで180万円スタート。フィスコ等の事前予想、野村担当予想等含め300万近い初値を予想していたが、240万円の初値でした。

問題はそこからでした。板を移動中で見ていたのですが、初値後の電話連絡あり、売り注文出すか検討するが、1台の携帯しかないので、全て野村担当の板情報を聞きながらの注文になりました。
しかし、板が見えないというか約定のレスポンスがまったくわからなくなりましたとパニック状態の回答。
(後に注文の負荷にヘラクレスのシステムが耐えられなくなったための遅延と判明)

どうするか?まったく情報がわからない。
次の把握時には180万かもしれないし、240万円かもしれない。
当然、パニック状態ではありましたが、充分な利益は出ているし、公募獲得にあたりのバーター等は一切していないので、下値指値で売り注文。なんとか初値前後で売却終了。
まさに何が起こるかわからないというか想定外の出来事であった。
俗に言うハード障害にあたるのでしょうね。

はい、この事件をきっかけに、板情報と会話の別回線確保、また、複数の証券会社の板情報も時には必要と感じ、2台の携帯トレーダーとデビューとなりました。
(その後、地合に流れや証券会社ごとに連絡を振り分けるために3台まで増設しましたが、今は2台で充分な地合であります。)

Comments

  1. いつも有益な情報を楽しみにしております。
    ぐるなびは2株当たったので私にとっても印象深い銘柄です。1株は初値売り、1株は数日間ホールドしました。当時のヘラは闇鍋状態でしたね。
    ちなみに初値は240万円だったと思うのですが・・・(重箱の隅で、すみません!!)

  2. makiさんはじめまして。
    そうですね。初値は240万円でした。
    日記も訂正しておきます。(汗)
    そうですね。野村の担当も闇鍋がなければ、一気にセカンダリーで300万を目指す展開と言ってました。
    今となっては、懐かしい思い出です。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)