メディサイエンスプラニング

銘柄分析等、一般的な事はフィスコや他のブロガーにお任せして、別角度から分析してみます。
やはり、最大のポイントは高木主幹事というところですね。過去にも、オリックスやらいろいろ初幹事がありまし、なかには、ディーブレインとかIPOとか銘柄以前というものもありました。

普通に考えれば、「メンツにかけても公募割れはしない!」というところですが、この地合を考慮すると、絶対損をしたくない人は見送りが賢明だと思います。
さすがに一昔前みたいに、「今日は売りに出さないで下さい」「公募値で買い増し注文いれて下さい」等の営業戦略はないと思いますし・・・

また、この幹事団なら営業やらお付き合いも向こうからは、持ちかけてこないとも思っておりますし、私もIPOでは今年は、これ以上損をしたくありませんので見送りです。機会損失より、リスク管理に慎重になっております。(苦笑)
ちなみに、爆騰した時は、今後のIPOの導火線になりますので、それはそれでいいと思ってます。

Comments

  1. 私も同じスタンスです。
    機会損失があったとしてもその後のIPOの復活につながるのならうれしいですからねぇ。

  2. どうもです。
    今の地合はIPO以外でコツコツですね。
    でも、先物やらオプションやら為替の方が、最近はパフォーマンスがいいです。(笑)

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)