戦闘開始

いよいよ、私の記憶では、ここまでの大型銘柄での重複は知りません。

普通に考えれば、先頭打者ルールでいいと思うのですが、穴銘柄もありますかね。

ここまでの株価の推移、資本増強の効果、外資の動き、逆日歩の金額、売り禁止の可能性などなど、読みきれません。

勿論、担当、証券会社も自分の裁きもあるので、言いたい放題です。

あくまでも私の予想ですが、公募を貰って、公募決定日の引け成りでの1/2~1/3での売り、翌日以降の残りの売りの戦略では1週間勝負と見ると、妙味ある順番は、

①大和証券
②みずほ証券
③オリックス
④全日空

と勝手に思っております。

勿論、大前提として、公募を大量に獲得できなければ話にはなりませんけどね・・・(苦笑)

また、激しく下落には買いから入りたい誘惑銘柄も出てくる気もします。

アジア・オセアニア好配当成長株オープン

結構、値頃感から安く感じるファンドも多数あります。

一瞬、6年ぐらい寝かせれば、「元金回収」なんて夢を見る気分にさせられました。

まさしく、このあたりも数字のマジックというか営業文句の一つですね。

そうです。
分配金は永久にこの金額が維持されるわけではありません。(汗)

リトルヒーローズ

なんとも言えないタイミングです。
ここでの中小型株となる王道です。
でもさすがに15000円に基準価格はこのタイミングだと難しいと思っております。

イラストは好きですが、やはり組込み銘柄も予想しやすいので、妙味は薄いかな?

ちなみに、時期が時期ですので、まさか1000万とか2000万でバーターなどに乗る顧客なんていませんよね。(苦笑)

オフ会

毎週のように様々なところに出没しています。
いろいろな声を聞きますが、やはり大金を稼ぎ出している方は、しっかりトレンド変換を読んでますね。

ポイントとしては、当たり前の事ですが、
「どこかでは大勝負をしている。」
「リスク管理をしっかりしている。」
「経験を有している。」
「テクニカル等をしっかり駆使している。」
「精神力が強い」
などが共通していますね。

また、「株」 「FX」 「オプション」 「商品先物」 「不動産」 と各々、得意分野の勝ちパターンというか必殺技みたいなものを有している感じがします。

私も自戒の念も込めて、ピンポイントで狙ってはいるのですが、大勝負にいくまえにロスカットしている現状です。。。(汗)

POがなかったら今年も厳しい上半期になっていたと思います。

それにしても続々と発表になりますね。資金繰りが大変です。(苦笑)

追伸
右上の私のプロフィールのJACK不動産日記に「投資の巨匠に何が起こったか」の第三部の掲載を開始しました。
また、JACK会(オフ会)は8月21日に都内で実施いたします。