年末の証券会社への挨拶まわり その3

結構、隣席からの営業トークやら顧客の資産運用の会話がマル聞こえの社も多いです。

私には絶対薦めない投資信託をメリットのオンパレードで薦めたり、私が利益確定した銘柄を上値で推奨している他の担当さん。

悲痛な表情で、損失を相談しているお客さんがいれば、ラップ口座で1割2割も損失していても、笑顔のお客さんもいます。

いろいろな人間模様が見えますが、昨年と比較して、地場証券はともかくとして、大手の証券会社も空いている感じがします。

ちなみに、隣の銀行の窓口やATMは長蛇の列だったりしたので、例の2回目のキャッシュバックは諦めました。(苦笑)

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)