契約締結前交付書面

メインの証券会社は今日がピークでしょうかね?

私の家は22通。

一昔前は500円の図書カードのプレゼント案件も同封されてましたよね。

当然、このご時世もあり、今回はありません。(笑)

残りは明日かな?

親子上場禁止法案

政局が不安定なこともあるのでしょうか?

方向性の顛末が見えて来ませんね。

いずれにしろパブコメの結果も踏まえて、東証にも舵を切って頂きたいところですが、訴訟やら上場問題を抱えているところから二の次になりますかね。

ストレスを抱えない程度の銘柄数と株数でひたすら待ち続けます。

いい加減、当たらないかな?(苦笑)

トレンドサーフィン

最初はファンドとは思いませんでした。

ぼーっと目論見書を見せられ、怒涛の営業文句があったらお付き合いしてしまうオーラがあります。

しかし、冷静に考えれば、どうしてお買付け手数料や換金手数料は無料なんだろう、なんで日本株と中国株の分けなんだろう・・・

やはり、いろいろ気になりますね。

次なるラッシュ

イベント投資はここまで期間が空くと連休明けが勝負となるのでしょうか?

大型POやらCBのヒアリングだけは巷で行なわれているようです。

そろそろ活況なお付き合い投信でも少しずつ解約しますかね。

しかし、いつもの理由はさすがに使えないから考えないと・・・

ブラジル・ボンド・オープン

新人社員でしょうか?

書籍のP81に掲載した事が起こりました。

担当「モーニングスターで優秀ファンド賞を取りました」

JACK「うん?最優秀でもないし、部門別ですよね。」

担当「いえいえ176本で№1です。」

JACK「昨年の成績ですし、今後はどうなるのか不透明ですよね?」

担当「・・・・」

JACK「直接の単元株やら債券やらあるいはFXとの違いやらパフォーマンスとしてどれくらい差があると思いますか?個人的な見解でいいのですが、感想を聞きたいかな?」

担当「上司にかわります。」

その後・・・

はい。お付き合いで投信ではなく日本の個別株を買いました。

ちなみに両建てにしませんでした。

今日にはロスカットかな?(苦笑)

元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術

昨日、無事に発刊ができました。

ここでのコメントのやり取りやセミナーで知り合った方との情報交換等で生まれた手法もあったと思います。

この場を借りてお礼を申し上げます。

以下にここまで頂いているメールに回答しておきます。

実際の稼ぎが少ないのでは⇒御想像におまかせします。(笑)

定期購読の金額が違う⇒すいません。改定モレです。

ライバル増やしやら儲けネタを公開するな⇒そこまでのレベルと認識して頂き恐縮です。

色が派手⇒う~ん。正解があるようなないような・・・

期待はずれ⇒なかなか全員に満足するのは・・・後は、書籍市場が判断すると思います。

本屋にない⇒私の近所にもありませんでした。(苦笑)ネット注文になりますかね。

無料で欲しい⇒オフ会やらセミナーがあれば配布したいと考えております。なお、数名の方には、出版社の方から書評のお願いという形で献本されていると思います。

出す時期が悪い⇒確かにIPOの全盛期がよかったかもしれません。また、書き始めた頃よりここまで相場が回復すると思いませんでしたので、しょぼい金額のタイトルにうつるかもしれません。

追伸
2冊目の校正に入っており、参考になればそこでも取り上げたいと思っておりますので、今後もご意見やら書評を頂ければと思います。

JCOM

読み違えたかな?

明日(もう今日ですね)からの2度のリカバリーが大変重要になります。

いずれにしろ、放置やら塩漬けはさけたいところです。。。

詳細はavexfreakさんが記載しています。

ヤマハ発動機 その4

最近は、聞いてもいないのに倍率を言う担当が増えましたね。

まあ、取れない言い訳かそれとも聞いてくる人が多いのかは真意は?です。

いずれにしろ、IPOの支店配分数ほど、妙味ある情報ではありませんので、話半分に聞いておきます。

それよりもやはり、自分自身の店頭内かつ担当内の優先順位が一番気になりますね。

まさか、〇〇〇も比例配分でない事を祈ります。(苦笑)

ヤマハ発動機 その3

とりあえず、連敗は逃れました。

後は、明日の配分とどれだけのブレがあるかどうか・・・

いずれにしろ、この水準なら常陽の借りは返せたと思います。

次は万全の体制で例の銘柄に望みたいですが、打診は危険かな?(苦笑)

常陽銀行

売り出しとは言え、強いですね。

今日の株価の推移に注目しております。

今週は3銘柄、来週は1銘柄とまだまだ熱いイベント投資が続きますね。

追伸
書籍の件でございますが、アローヘッドのルール改正まで対応しておりませんでした。申し訳ございません。早々の御指摘有難うございました。