野村北米REIT投信(豪ドルコース)年2回

こちらも何とかプラス圏内で最低拘束期間?の1年がほぼ経過しました。
後は噂される大型ゼネコン系の動きが鍵を握りそうです。。。
z1.gif

SMBC日興証券

読売新聞に報道がありました。
ちなみに本日のNSJでは正式決定やら発表予定はないとのコメントを掲載しております。
いずれにしろ三井系が前面に出てきますね。
これを期に来年はPOやらIPOのリーグテーブルの上位を確立して頂きたい。
しかし何よりの期待は、やはり三井系列の子会社のTOBに限ります。(笑)

ドイツ復興金融公庫

どうしても、リーマンの債券で痛い目に合った私としては誤送金のイメージが強いですね。
それにしても課税後、利回り6%で3年ですか。大手証券会社もなりふりかまわずです。
しかも購入しても今月からガラリとお上の方針変更がありましたから近寄れません・・・

株の公式

今までにない知識でした。
該当銘柄が、20銘柄にも満たない状況では少し先になりそうですが、是非とも試してみようと思っております。
51m15jtZmwL__SL500_AA300_.jpg

ノムラ・印度・フォーカス

とりあえず、無事に1年過ぎました。
今後の交渉の糧として解約か継続かうまくまとめたいところです。
z.gif

合併記念キャンペーン

皮肉なもので、口座解約したところと合併がありました。
但し、なぜかキャンペーンは株式ではなくFXの取引手数料割引です。
まだまだ夜明けは長いということでしょうかね。
ちなみにセミナーは節税対策セミナーとなっておりますが、平日のこの時間帯で集客あるのかな???

キャッシュリッチ企業を探る

円高局面もあり、M&A目的などの手元資金の自由度が高い銘柄の推奨が新聞、雑誌、証券会社のレポートと最近、よく取り上げられていますね。
個人的にはこのあたりと親子上場や配当利回りをキーワードにしていくと妙味がありそうです。
いずれにしろ、安く仕込みひたすら待ち続けるというスタンスが基本となるわけですが・・・

トリプルエース

DIAM高格付外債ファンドです。
年利回り12.142%を謳ってます。
ちなみに、同じ商品でありながら、相変わらず、ネット証券はもちろん、銀行よりも割高な手数料では、厳しい展開だと思います。
いずれにしろ、そこそこ自分なりに貢献したと思いますが、委託、比例ともに2年間一切取れなく、もう少し粘って進展がなければ、相変わらず執拗な勧誘があるので、ここの証券会社も解約するとは思います。

バリュートラップ

明後日発売の週間ダイヤモンドにて大和証券の吉野氏が3条件でベスト15を掲載しております。
いろいろな考え方がありますね。
シクリカル系の業種に絞っております。
今後、注目してみます。
住友商
協エクシオ
レンゴー
ゼオン
リンテック
ホンダ
ADEKA
ダイハツ
IHI
大東建
ニプロ
日化薬
みらかHD
セガサミー
ナブテスコ

上場廃止危機17社

なかなかショッキングなタイトルでしたね。
夕刊紙までに掲載されるとは・・・
一世を風靡した銘柄から優待でお世話になった銘柄までありました。
投資妙味があるか週末にじっくり調べてみようと思います。
デザインエックスチェンジ
レイテックス
リンク・ワン
モンテカルロ
五洋インテックス
インスペック
ダイヤ通商
石垣食品
ダイキサウンド
プラコー
環境管理センター
グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド
アイー・ピー・エス
アルトナー
フォーバル リアルストレート
メルクス