来年の相場

証券マンの転職やら退職の声もここ数ヶ月は少し減ってきたような気もします。
また、今年は昨年と比較して私の持ち株リストにおいては、カレンダーの配布を止める企業もありませんでした。
ですので、来年は少し明るくというか前向きな相場になると期待しつつ、自分が兜町巡りをするような展開になれば嬉しい限りです。
少し早いですが、今年1年間いろいろお世話になりました。
またたくさんのコメントやメールを頂き有難うございました。
来年も市場からは退場しないように、自分にとっては新たな投資法の発掘に精進したいと思っております。
良いお年をお過ごし下さい。

ディスカウント債

王道の投資信託を全て売却したこともあり、お付き合いをこちらにシフトして見ました。
10年後の満期償還前に売却すれば、今の税制かつ為替水準では大損はしないとの判断です。
お付き合いの効果が出るかどうかの検証は、春までにはわかると思います。(笑)

日本無線 その2

私にとっては予想外の買取率でした。
それだけ奥が深いというのかやはり大口の動きが見えてませんね。
しかし、巧く波に乗ればかなりの利益になる銘柄でもありました。
来年は更に精度を上げたいところです。
数年前みたいに、詳細の分厚い買取結果が送付されてくると有難いので有料でもいいのでやって貰えないかな?

ハリスアソシエイツ

本日の日経に掲載されているとおりいよいよ大和証券から販売ですかね。
10月のセミナーの内容どおり、バリュー株中心となりそうですね。
市場の活性化となる反面、失敗というか売り切らなければいけないので、勧誘も凄そうですね。
リーグテーブルの上位復活も含め、前後のイベント投資案件の引受状態が鍵を握るのは言うまでもないですかね。。。

株バトル

夕凪さんに続いてエンジュク出身者としてV2を目指しましたが、惨敗でありました。
ただし、書籍にも掲載されていますが、日頃では考えられないほど売買注文を連日出しましたので、証券会社に落とした手数料という観点では貢献したと思います。(苦笑)
次回にまたこのような企画があれば、エンジュク枠として、個人的にデイトレなら上総介さん、スウィングならavexさんを推薦しておきます。(^^)
追伸
幸いな事に選抜株式レースにおいては1部昇格が見えてきましたので、そちらで汚名挽回をしたいと思います。

日本無線

私の予想に反して20円近く急騰しましたので、急遽応募は取り止め、市場売却をいたしました。
個人的には、Fillratioがどれくらいになるか注目しております。
当初は、46%~59%を予想しておりました。
しかし、日々の株価や出来高を見てるとなんとも言えませんね。
いずれにしろ、買取率以外にも相変わらずの大口優良顧客サービス(笑)もあるのかどうかじっくり監視したいと思います。

前受管理契約

意外な事から誤発注が発覚しました。
何せ、売買手数料が50%割引なら申し込ますにはいられません。(笑)
しかし、申し込めません。
そうです。お付き合いというかお礼がてら別の株式を残金以上にそこそこ購入しておりました。
本来はこの支店では購入すべき株ではありませんでした。
特定口座の弊害というより、携帯ではなくPCですから、しっかりと確認しなければいけませんね。

移管

書類の訂正が電話で済むこともあれば、しっかり返送されてくることもあります。
担当やら内容によって異なるのでしょうかね。
いずれにしろ、加入者コードだけはやっかいですね。
もう少し日程が短縮されるなどのメリットがあればいいんですけどね。。。

台湾IPOセミナー

やはり異例の人気ぶりだったのですね。
週間ダイヤモンドに掲載されておりました。
いずれにしろ、台湾やシンガポールの盛り上がりはIPOに関しては凄いですね。
不動産投資もしかりですが、カントリーリスクをある程度ヘッジというか把握すれば、海外に目を向ける投資家も増えていますね。
来年は、ある意味の分散投資と考え、外貨への投資を含め、私も機会があればチャレンジしてみようと思います。

来年のIPO

昨日のNSI速報にも掲載されておりますが、30~40社を予定。
地銀やバイオ銘柄もありますが、知名度のあるカルビーとポッカは大和主幹事を予定。
となるとやはり鬼門の大和も攻略しないといけませんかね。
来年も第一生命祭りみたいなピンポイント勝負が明暗をわけそうな感じがします。