プライムワークス

油断をして、金曜日に電話をしなかったりこともあり本日はかなり慌しくなりました。(苦笑)
また、1株縛りがあり、さすがに9時までには結果が出揃いましたが、寂しい顛末でした。
まあ、このような案件はコツコツというところでしょうか。
しかし、最近の立会外はなかなかの銘柄やら条件も多いですね。

駅探

数年前みたいに急遽の横槍がなければこのまま第1号承認案件となります。
前哨戦では、80社前後が予想されます。
どうにかそこでまずは確約をして本選に向けたいと思っております。
しかし本選はそれなりの対応をしないと奇跡の抽選枠の選択肢にかけるなどかなり厳しい競争が予想されます。
どうなりますかね。。。

投資家のストレス解消術

取材やオフ会では私が逆によく聞く質問です。
一般的には、マウスやキーボードもしくはモニターなどの破壊系と買い物や飲食などの欲望系にわかれている感じです。
後は、ひたすら時の経過を待つとか忘れるとか、中にはストレス自体感じないというような強者の方もいました。
いずれにしろ、解消術含めて投資の世界はメンタルの占める割合も低くはないと思っております。
もちろん、自分の持ち株がストレスを抱えない展開になるのが一番ですので、このあたりもうまく対応したいところです。

カスミ

一昔前はわずか400円で貰えましたね。
想像を絶する利回りでした。
後は、エコスみたいに発送タイミングを調整できればいいのですが。。。
画像 023.jpg

特定口座年間取引報告書

今年は昨年に比べて枚数が増えました。
要因は、第一生命、大塚ホールディングス、日本メディカルネットの委託配分の増になります。
比例配分の方はここ数年、変化がないというか銘柄自体が少ないのと、申込社数が減っているので致し方ないところです。

お見合いセミナー

 東京証券取引所は19日、上場を目指すベンチャー企業を証券会社や監査法人と引き合わせる「お見合い」セミナーを実施した。新規上場数が低迷する新興市場マザーズのテコ入れ策の一環で、上場への意欲を高めてもらうのが狙いだ。
 東証としては初めての試み。新興企業が100社、証券会社が7社、監査法人が3社参加し、計150人が名刺を交換した。(日本経済新聞引用)
う~ん地合が回復していてもここまでしないと厳しいのでしょうかね。
個人的には招待というか応募した企業や証券会社、もしくは顛末を知りたいところです。

株主様向けIR説明会出席票

「弊社内での発送作業ミスであることが判明いたしました。」
「弁解の余地もございません。」
宛名と住所の相違で届かないと堂々言われても・・・
遅延などは経験してますが、このようなケースは初めてで驚きました。

個人向け国債償還

株価を押し上げるという憶測もありますが、そのようなか、SBI債券は相変わらずの完売というか瞬売?でした。
いずれにしろ、まだまだ眠っている資金が日本の場合は大量にあるのですから驚くばかりです。
まあ、私もザラ場が全く奮わず、イベント案件もなくなり、FXや不動産にも興味がなくなれば次回の3月には購入しているかもしれません。(笑)

オンライン証券大手2社

明日発売の週間ダイヤモンドで取り上げられております。
今後のビジネスモデルが掲載されていてなかなか興味深かったです。
いずれにしろ、株式委託売買代金を野村に再逆転されてから模索していたかもしれません。
FX事業の限界からやはり最後は投信販売と掲載されておりますが、本当に今から対面営業事業の強化というのも逆行しているのではないかと個人的には思ってますが、顛末は見届けたいところです。。。

今年の相場観

今年の相場は強気発言が、書籍やレポート含め大変多い印象を受けます。
もちろん、強気相場は大歓迎しますが、過度な期待感も含めたものも多いですね。
いずれにしろ、なかなかうまく言い表せませんが、ここ数年と比較してターニングポイントの年になる気がします。
うまくたちまわりたいと思ってます。