マネースクウェア・ジャパン

FX業界再編やらプライムの二匹目のどじょう狙いで参戦しておりました。
しかし、株主優待の発表もありその狙いは後退したので撤退いたしました。
なお、優待新設は株価にはそれほどのインパクトを与えず、薄利という結果になっております。

メディアフラッグ

多少なりとも手間隙はかかりますが、こちらも年に数回、お世話になります。
御存知のとおり、人気店はなかなか当選しませんが、まめにチェックすると思わぬお宝店舗の発表があったりします。
ビジネスモデル的にも安定しておりますし、こちらは数で勝負といきたいところですが、SBI1口座での大量獲得はさすがに難しいところでしょうか・・・

エー・ピーカンパニー

お店は混み合っていたイメージがあります。
個人的には、無理をしなくても取れれば取っておいてもいいかなと感があります。
いずれ、株主優待もあると思いますし、初値が公募近辺であれば、購入する人も多いと思っております。

大阪証券取引所 TOB考察

こちらは、単価も高いこともあり、参加者は1087人。
そのうち1単位応募者は813人ですから、比較的、集中ゾーンはわかりやすかったと思います。
後は、目を引いたところでは、2400株応募者が6名いたところですかね。
株価も下落してやや反発状況になっておりますから、今後も監視していきたいと思っております。

夕焼けマーケッツ

新刊の紹介からはじまり、カンニング投資、投資の必殺技、ストレス解消術など毎回テーマを決めて月に1回お話をしており、本日は証券会社アレコレみたいなものを漠然としたテーマとして考えております。
オンデマンドでも視聴可能でありますから、御興味ある方はお聞き下さい。
なお、基本はいつも叶内さんの軽快な進行にお任せしておりますが、かんだり舌足らずなところはご容赦下さい。
1246278506.jpg

パルコ TOB考察

先週末あたりは、ブログやHP含め各地で祝勝会が実施されているところも多々ありますね。
結局、参加者は2374名でありますが、100株未満の端株応募者26人、さらに法人、家族名義等を考慮すれば、2,000人ぐらいでしょうか。
さらに100株応募者と200株応募者を除けば860人。大阪証券取引所の重複、お盆時期を考慮したとしても、活況といえますでしょうか。
今後も買取率を予想すると同時にどの水準に応募株数かをある程度予測することにより、はずれ株数の小数点第1位を判断し、最小限にすることが醍醐味になりますね。
また、個人的にはやはり、このような上限付きTOBの方がやはり投資妙味があると思います。

リスク限定のスイングトレード

出来高に着目した投資法が紹介されております。
検証がてら、監視銘柄で今後確認してみようと思っておりますが、自分なりにエントリーや手仕舞い、あるいはロスカットのポイントをどこにするかで命運を分けそうな感があります。
20120818.jpg

東証1部昇格予想

1つの銘柄は株式選抜レースでも選択しており、このところ上昇が鮮明であり、5日?の発表を心待ちにしている。
二匹目を狙いたいところでありますが、3091と3630みたいな対称的な値動きとなっているので、基本は安値で仕込みたいと思っております。
いずれにしろ、TOB含め、いい終わりで来月の四季報投資につなげたいところであります。

大阪証券取引所

パルコは高い買取率になり、よほどの株価で売却しない限り、損失はまずない結果になると思っております。
一方、こちらも読み応えのあるTOBになっておりますね。
一度、ザラ場で手仕舞いしたこともあり、移管スケジュールに間に合わず、応募株価はやや高めになったところが反省点でもあります。
もうこのあたりの電子化の効果等はないのでしょうかね・・・

儲ける「勝脳」の鍛え方

読み応えがある1冊でありました。
機会があれば、筆者と是非ともお会いして投資に対する考え方などゆっくりお話をしてみたいところであります。
このようなメンタルの書籍はあまりみかけないので重宝いたします。
20120820.jpg