日経マネー12月号

プロの稼ぎ技50として僭越ながら夕凪さんとマネーヘッタチャンと紹介されております。
裏話として、3時間?近くお話したのを苦労して、4頁にまとめたかなという感じでもあります。
座談会形式でお話をしているので、思わぬ名文句も出ていると思います。(苦笑)
日経マネー12月号

元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術

対応が早いですね。
いつの間にかKindle版が出ておりました。
今後は、その場で購入して、即読めるという数年前では考えれない環境になるのですね。
後は、新刊も同時発売やら先行発売となれば言うことないという感じでしょうか。
元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術 Kindle版

Market Forum 2012

厳しい地合いもあり個人投資家の参加は昨年より少ない感じがいたしました。
金曜日ということもあり、即席の株式投資家の2次会も同じビル内で開催。
刺激があったり、ここでしか1年ぶりの挨拶をしない方もいらっしゃいますので、来年も笑顔で参加できるように、株式投資に励みたいと思います。

外資系金融の終わり 年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

ハレンチ接待、キャバクラ経営から増資インサイダー問題。
コングロマリット含め読み応えがありました。
時間があればブログもチェックしてみたい。
02089-0-thumb-208xauto-22454.jpg

投資書籍

先日の新刊企画の対談ででた話題の一つで、自分の部屋の書籍を置くスペースのお話である。
新聞、週刊誌に月刊誌と投資の情報のためにそれなりの数が届く。
あわせて、証券会社からもメール以外でレポートや通信も送られてくる。
そして、自分自身で購入したり、献本される、投資書籍の山。
一般的にこのような束というか量はどのように整理しているのだろうか。
大体、年末とか月末に、1年以上再読していないものを中心に泣く泣く(苦笑)処分対象にして、本棚のスペースを確保している。
特にこの御時世、いくら投資関連は下火とあっても、株式投資以外にもFXや不動産投資にも手を広げたここ数年は、書籍の量が加速しており、1年サイクルの整理では限界があったり、申し訳ないが、未だに眼をとおしていない雑誌や書籍もある状況です。(汗)
いずれにしろ、裁断機でスキャナーという手法もそろそろ取り入れるべきと思いつつ、一部、裁断しにくいものもあると伺っており、悩ましいところである。

注目銘柄

昨日は、私の周辺は、4817、6069、6753あたりで話題一色でありました。
本日からはここに8952、そして3176あたりもからんでくるというところでしょうか。
いずれにしろ、うまく捌いて11月、そして12月四季報相場へ弾みをつけたいところです。

実践生き残りのディーリング

こちらは哲学書みたいになります。
お薦めされたのでじっくりと読んでみたいと思います。
20121022.jpg

エストラスト

てっきり、上場支援制度「九州IPO挑戦隊」の1期生でありますから、福岡証券取引所の上場だと思っておりました。
マザーズとなると注目されるとは思いますが、現時点では妙味を感じないところであります。
後は12月3日、13日上場銘柄の発表に期待というところでしょうか。

Lehman Brothers その18

今回はオランダ法に基づく破産手続きに関する書類が届きました。
まあ、毎度の異議申立の提出書類も同封されてましたが、大口の鶴の一声で決まると思われますので、出したとしても気休めの意思表明というところでしょうか。
いずれにしろ、最終損失確定までは、まだまだ時間がかかる感じであります。

ソフトバンク

株価的には現物買いで株主優待とキャリア争奪戦が続くうちは、1単位は永久ホールドとして、仕込みたくなりますね。
後は、契約可能回線の縛りがなくなればさらに嬉しいのですが、導入経緯を考えれば、そちらは現実的に難しいですかね・・・