主幹事候補証券会社一覧

Pocket

本日のNSJにも掲載してありますが、東証のIPOの主幹事を努めることができる一覧の16社です。
この数字はやはり一時期より激減しましたし、過去3年内に引受実績のなり証券会社は審査が必要になってきます。
いずれにしろ、この中ではやはり5大主幹事証券(野村、大和、日興、三菱、みずほ)の最低2社以上くらいはある程度攻略しなければなかなか妙味をえれないところでしょうか。
なお、余談にもなりますが、御承知のとおり、連続配分や回数制限、あるいは支店や担当にもよって配分ルールが異なるという一般論だけでは片付けられないあたりがちょっと厄介ですかね・・・
主幹事候補証券会社一覧

Pocket

「200万円ではじめて1億9000万円を作ったGomatarou流トレード手法を期間限定で公開中!」

slide1 元手200万円を1億9000万円まで増やしたGomatarou氏が3回の動画で最新のトレード手法を解説しています。

1回目の映像では200万円の資産を1億9000万円に増やしているGomatarou氏が 成功の基となっている手法の中からGomatarou流レンジブレイクとPTS投資法に ついて事例をご紹介しながら具体的にお伝えします。 また、Gomatarouが重視しているエッジ(優位性)についてお話しています。 Gomatarou氏が長年実践している手法ですので是非、参考になさってください。

また、2回目の映像ではGomatarou氏が1回目の映像で公開した投資手法とは 違う手法としてGomatarou流逆張りとストップ高持ち越し投資をご紹介します。 この方法もGomatarou氏が長年実践している手法ですが、 それぞれ仕掛ける際に重要なポイントを特別に公開してお話しています。

そして、3回目の映像ではGomatarou氏が株価の連動性に注目して 利益を狙っていく方法をお伝えしています。 この方法は収益機会が格段に増え、利益を劇的に伸ばせる秘訣です。 連動性の利用は似た業種の銘柄や同じテーマを持つ株など 似たような値動きをする傾向に注目していきます。 また、Gomatarou氏が1億9000万円まで増やすことに成功した 資金管理についてもお話していただきます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

Speak Your Mind

*