主幹事候補証券会社一覧

Pocket

本日のNSJにも掲載してありますが、東証のIPOの主幹事を努めることができる一覧の16社です。
この数字はやはり一時期より激減しましたし、過去3年内に引受実績のなり証券会社は審査が必要になってきます。
いずれにしろ、この中ではやはり5大主幹事証券(野村、大和、日興、三菱、みずほ)の最低2社以上くらいはある程度攻略しなければなかなか妙味をえれないところでしょうか。
なお、余談にもなりますが、御承知のとおり、連続配分や回数制限、あるいは支店や担当にもよって配分ルールが異なるという一般論だけでは片付けられないあたりがちょっと厄介ですかね・・・
主幹事候補証券会社一覧

Pocket

「30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
               3つの売買ルールを期間限定で公開中!」

slide1 30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が3回の動画で最新のシステムトレード手法を解説しています。

1回目の映像ではシステムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が 7年間で平均利回り52%を実現しているシステムトレードの実践方法の中から 逆張りトレードシステムを事例を紹介しながら具体的にお伝えします。 どんな相場でもリスクを抑えつつ高い利回りをあげるシステムトレードの魅力を 実感してください。

また、2回目の映像ではトレードシステムの構築方法をご紹介します。 また、実際に構築したシステムの成績を劇的に向上させるためには どのようにすれば良いのかについても具体的にお伝えします。 本映像では斉藤氏が構築した「動的シグナル数フィルター」というシステムを 初めて一般公開していますので必見です。

そして、3回目の映像では空売りにより利益をあげるための売買システムで、 株価が前日に急騰した銘柄を一定ルールにもとづいて空売りするという 「寄り指値デイトレ戦略」をご紹介します。また、後半では斉藤氏が構築した システムをいくつかご紹介します。斉藤氏が複数のシステムを実践する重要性 についてお話していますので、参考になさってください。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

Speak Your Mind

*