オークファン

4月の目玉になりそうですね。
次にJSSというところでしょうか?
個人的には、疎遠になっているSが幹事となりますから、しっかりと今のうちから預け金額やら手数料あたりで貢献しなければ・・・(苦笑)

ベクター

一気に急騰しました。
何せ松井証券であれば売買手数料無料。
今月号のダイヤモンドZAIの配当+優待利回りBEST15の1位にも掲載されているとおり、この優待利回りであれば廃止リスクさえなければとホールドしていた方も多いと思います。
また、企業側からみれば、木村佳子さんも言っておりましたが、メジャーではない企業にとっては、このように無料で広告を掲載された結果になりますから、株主も増え、企業の知名度も上がりますからラッキーというか嬉しい限りですよね。

週刊ダイヤモンド

ツイッターでは再来週とつぶやきましたが、発売日ベースだと明日になります。
今回は初心者やら新参者、あるいは復活組を狙った感じでしょうか。
いずれにしろ、自分の手持ち銘柄がほとんど目立つところや上位銘柄には掲載されていないのは残念でした。(苦笑)
画像0221.jpg

JT

IPOや他のPO等の案件とスケジュールが重複しなければこちらもある意味、年度末の勝負銘柄となりそうですね。
しかし、私の場合は大和証券においてはネット口座でありますから、大量獲得は望めません。
となるとみずほ証券あたりからの掻き集めというところでしょうか。
それとも堅く3月優待銘柄に全力でこちらはパスという選択肢もありですかね。

今後のIPO

最近の状況から見ると、セカンダリーを抜きに考えれば、公募価格が20万円から50万円で3倍~5倍の初値が理想と個人的には思っております。
しかし、この盛り上がりを見ると、なかなかこのような公募価格であれば、複数獲得は回数制限もあり難しいところでしょうか。
となると、直近リートのIPOみたいな大型で最低3万円とか取れる銘柄に注視した方が妙味があると思っております。
期待どころとしては、SGHD、サントリー食品、リクルート、直近ではジャパンディスプレイあたりに注目しております。
もちろん、こちらにプラスして再上場やら上場延期案件もありますから、今年はこの地合いが続けば、久々に妙味がある年となりそうです。

ほけんの窓口

週刊誌でもついに疑惑が記載されておりますね。
ニッセイを追い抜くパワーで一昔前の第一生命バブルを期待していたのですが、上場はしばし難しいといったところでしょうか。
SBI主幹事予定のオウチーノも調整しているみたいでありますし、やはり大型IPO予備軍の流れとなりそうですね。
個人的には、3月優待も近くなってきましたし、TOBの鞘、あるいはPOも引き続き発表となると思いますので、3月は資金配分の判断が妙味を分ける結果となりそうですね。

東証IRフェア2013

不思議に今まで、仕事の都合もあり参加したことはありませんでした。
聞くところによれば、昨年より地合いがいいので参加者も多いとのことでした。
また、粗品等も大判振る舞いの企業も多かったですね。
とにかく個人的にも社長や社員の生の声が聞けるいい機会です。
特に今春の新卒採用動向含め若手社員が生き生きして私の質問に自信を持って生き生き答えると、ファンダ100%で最低株数はまずは打診買いしたくなる銘柄もありました。
JACK東証IRフェアファンド2013年として下記の7銘柄に絞って、いいタイミングで仕込めたら運用してみたいと思います。
1909
2780
3153
3646
3654
4658
7164
しかし、ツイッターやFBでも記載しましたが、本日においては、一部の企業のプレゼン中の株価急落はさすがに想像していなかったのではないでしょうか。

オイシックス

オルトプラスと上場日が同一というところでセカンダリーにも注目されそうです。
よくある連動性のアノマリー相場となれば妙味がありますね。
いずれにしろ、初値後の値動きから目を離せませんね。

ふるさと納税の確定申告

思ったより、悩むことなく、e-Taxにて簡易に入力できました。
今年はこの地合いが続けば、昨年以上の申し込みができそうです。
基本的には昨年と同じ自治体を選ぶことが多いと思いますが、追加の自治体を選ぶにあたっては、以前、お世話になった土地、あるいは、よく訪問する好きな町からサーチをすると思いますが、やっぱり最後は美味な食材につられるのは間違いないところでしょうか・・・(笑)

オルトプラス

こちらは数年ぶりの100社超えが見れるかもしれません。
私も回数制限を無視をしてもこちらは複数獲得したいところです。
後は、更なる大物IPOの発表があるか。
TOB同様、ここラスト10日間は開示情報に注目ですね。