会社四季報 春号

POとIPOラッシュ、あるいはシステム的にブレイクアウト買いなどが中心ですっかり後回しになっておりましたが、やっと完読しました。
著書に記載した手法で、銘柄をピックアップし、時間的に先回りで購入した銘柄など押し目があればと思いましたが、ほとんど高値で推移している状況でした。
まあ、このような地合いでありますから、割安とかバリューという銘柄も前の四季報と比較しても、自分のフィルターでは激減しておりましたが、辛うじてわずか6銘柄だけ監視体制にしたので、本日から1週間刻みで下値で注文を出していこうと思います。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)