ジャパンエクセレント投資法人

ちょっと1発目だったり、ご祝儀相場、あるいは主幹事とのしがらみ?もありそれなりの数を獲得しておりました。
そもそもREITの公募は気絶投資法(笑)がほとんどでありますから、結果的にそろそろ終焉というムードの中、塩漬やら4%の債券というような割り切るという選択肢はなくなり一安心の展開となりました。
いずれにしろ、リートに限らず、今年のPOの値動きは受渡し日含め、難しいと感じるところであります。

ヒューリックリート投資法人 2

結局、ビビリというか手堅く?当初の1/10の参加に変更。
ブックビルディング中でしたが、恐縮して理解を頂きました。
まあ、配分があるかわかりませんが、このレベルであれば、放置もロスカットもそれほどストレスはないと思っております。

塩漬け銘柄

実はいくつかあります。
優待やら配当が多少なりとも継続されていれば、ロスカットをしなくても何とか耐えられるというメンタルがよくないのかもしれません。
またそのあたりは、別の証券会社で売買しているので、毎日、ボードやらポジションの画面にマイナスが視野に入ってこないのも要因かもしれません。
2458
9206
3290
後は、家族に薦めてみるかというところですが、自家消費でなければ他の銘柄の方がいいかなという感じです。
もちろん、月曜日以降の展開によっては新たな仲間入り銘柄も・・・

モンクレール 2

14EURを割り込んだことから先程、残りの株数を始値でクローズ。
珍しく粘りましたが、結果的には初値全株売却が為替含め正解だったというところでしょうか。
とは言っても、結果的にはA級IPOに匹敵する内容となりました。
また、海外IPOは情報力と宣伝力が決め手となることを改めて知らされた感がありますので、今後も機会を伺って参加をしていきたいと思っております。
もちろん、自分の相性のいい証券会社が幹事を努めるのが大前提ということは言うまでもありません。

みずほ証券ポイントサービス・セレクト商品

無難というか王道にギフトカードを選択いたしました。
このようなキャッシュバックは大変有難いですね。
野村の復活や日興あたりも新設してくれると嬉しい限りですか実現は難しいところでしょうか。
20140114.jpg

公募ラッシュ雑感

ツイッターでもつぶやきましたが、波乱というか予想を覆す株価の推移を見せるPOとなっている感があります。
まるで、株価下落に伴い公募中止で一気にストップ高というような数年前の展開すら思い出されます。
キャンセルの営業があったり、せめて1週間は間が欲しい中での怒涛のようなリートラッシュも記憶がありません。
どこかにお宝があるとは思いますが、今の時点で発掘するのは困難極まりないところでしょうか。
個人的には配分がどれくらいあるかわかりませんが、広く浅く参加をしているので、昨年のような展開を見せる銘柄が一つでもあれば、救われるというところでありますが・・・

ヒューリックリート投資法人

こちらもとりあえず参加という方が多いでしょうか。
昨年の二番煎じを期待したいところです。
後は、どれくらいのリスクを負うのかというところとPO含めた他の銘柄との兼ね合いが難しいですね。
決定力に欠けるのは間違いありませんから、運というか地合いの影響次第というところでしょうか。

今後のIPO予想

ざっくり噂やらリリース宣言している50社を掲載しておきます。
リクルートHD
LINE
ジャパンディスプレイ
東京地下鉄
西武HD
日興AM
成城石井
エース証券
エリーパワー
ヘリオス
メタップス
gumi
ポヤージュ・グループ
ジョイフルカンパニー
日本BS放送
すかいらーく
ワールド
大塚アグリテクノ
メニコン
日産センチュリー証券
モバイルファクトリー
エクストリーム
リアルワールド
レアジョブ
みんなのウェディング
サイバーダイン
スノーピーク
レグイミューン
キュービーネット
長谷川HD
TKP
エスエルディー
カヤック
ジーニー
ピクスタ
Donuts
VASILY
ダイアモンドヘッド
ミュージックセキュリティーズ
フリークアウト
SanSan
スターフェスティバル
ラクスル
Gunosy
グリーンロードモーターズ
HIRIKO.JP
CAPABLE
テラモータース
日本郵政
SBIバイオテック
実際の承認状況等は金融ファクシミリ新聞が一番情報が早い感じがします。
いずれにしろ、上場時期、幹事証券、仮条件の3つのポイントが重要でありますし、そもそも獲得できるのかが鍵を握ることは言うまでもありません。

週刊ダイヤモンド

裏事情ということらしく、知らない方には読み応えがあるかもしれません。
しかし、IPOの裏技あたりは個人的には違うかなと言う項目もあったり、不動産投資における融資の裏技につきましては少し来週のセミナーのネタとかぶってしまっているところもありました。(汗)
とは言っても、半沢直樹以外で久々に熟読いたしました。
daiya20140118.jpg

アキュセラ・インク

こちらは1発目になるのでしょうか。
いずれにしろ、外国株、三菱幹事、新年1発目、マザーズ、バイオと確実な方向性の判断は悩ましいところです。
お祭りやら期待を込めてというかとりあえず100株とか200株での参加スタンスという方が多いというところでしょうか・・・