モンクレール 2

14EURを割り込んだことから先程、残りの株数を始値でクローズ。
珍しく粘りましたが、結果的には初値全株売却が為替含め正解だったというところでしょうか。
とは言っても、結果的にはA級IPOに匹敵する内容となりました。
また、海外IPOは情報力と宣伝力が決め手となることを改めて知らされた感がありますので、今後も機会を伺って参加をしていきたいと思っております。
もちろん、自分の相性のいい証券会社が幹事を努めるのが大前提ということは言うまでもありません。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)