フラッシュ・ボーイズ

懇意にしている投資仲間の推薦書でもありました。

今更でもありませんが、是非とも340頁以降だけでも読んで頂きたい。

2002年頃のオリックス証券の先着順のIPO当選や比例取りの証券会社間の時間優先のやり取り等も似たようなものでしょうか。

また、今後も続々と「後出しジャンケン」が常時化していくと、持参売りやマーケットオファーもある意味、同様であるが、事実を知らない投資家のみ損失を被るというようなことでもあり、考えさせられる1冊でもありました。

20150118

 

 

 

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)