今後の方向性

イベント投資については、大型IPO及びPO案件のリリースは淡々と応募→獲得のパターンで最低限のパフォーマンスは維持したいところでありますから、合わせて、岡三、大和というところの苦手証券からのS級やらA級案件のIPOの獲得で更なるUPを狙いたいところであります。

また、12月優待銘柄やら四季報関連投資も淡々と機械的に投資というところでしょうか。

後はこの地合いがどこまで継続するかわかりませんが、IPOのセカンダリーやら考えがあっての事前待ち伏せ勝負銘柄での結果次第というところであります。

いずれにしろ、年内残り2カ月、ある程度は積極的に仕掛けたいところではあります。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)