VALUENEX 3

記憶にない引け成り爆弾でした。

明日は、ストップ安かストップ高に一瞬つける感じでしょうか。

とりあえず、顛末を見守りるところであります。

VALUENEX 2

急落の地合いの中での上場。

初値がコンセンサスとどれくらいの乖離が生じるのか非常に興味があるところであります。

鉄板セカンダリー含め、初値突撃、買い増し、あるいは見送りとまずは今週の話題の1銘柄となるところであります。

ヒューリックリート投資法人

激しい急落に関わらず鉄板の状況。

繋ぐタイミングも多々あり、大量獲得の方には有難い展開となりました。

後は、受渡日までの値動きを鑑み、お祈りに徹するのか逆日歩も睨むのかでパフォーマンスはかわってくるところです。

脱投資信託

IPO獲得には必修でありました投資信託を昨日を持って保有がなくなりました。

最後の保有は急落に巻き込まれ、返報性の法則の利益はそのまま相殺。悲

しかしながら、非常に精神的にはスッキリしました。

ツイッターのとおり、10年前と異なり、時代の終焉となりましたかね。

後は、新興国通貨の海外債券となるわけですが・・・

霞ヶ関キャピタル

社名は微妙で太陽光と聞くと。。。

しかしながら売上と株数が。。。

地合いの影響もあろうかと・・・

アクセスグループ・ホールディングス 2

割当社数ベースで4.59%の85社超。

割当株数ベースで4.59%。

前評判とおりとなりました。

アクセスグループ・ホールディングス

リーグテーブル没落の大和主幹事案件。

2倍は堅いところでありますが、主幹事100株が関の山でしょうか。

狙いは12月案件というところでしょうか。

GS米国成長株集中投資ファンド

絶好の押し目うんぬんかんぬんの営業文句なんだろうな。

いきなり届きました。

丁重にお断りを入れつつ、何とか果実を得たいところでありますが、正式リリース待ちというところでしょうか。w

柳橋塾懇親会

全ての方とお話やら質問にお答えできませんでしたが、あっという間の2時間でした。

今から再会が楽しみであります。

いずれにしろ、ブック以外でのパフォーマンスが鍵を握ることは言うまでもありません。

個人的には、残り2カ月、10カ月分の利益のリスクを負えるのはアドバンテージになりますが・・・

VALUENEX

割当社数ベースで4.70%の85社。

割当株数ベースで4.73%。

予想よりは低い競争率でしたでしょうか。

とは言っても2.5倍は堅いところ。

300P以上投入する方も多々いるかと。。。