ニッセイAI関連株式ファンド

もう何でもテスラあたりを組み込めばAIファンドなんですかね。

返報性ファンドのご紹介となりました。

この手は秋までお休みかな・・・

AI(人工知能)活用型世界株ファンド

先週、あるいは先々週の講演で話しそびれた返報性の法則にて購入したファンドになります。

まだノーヘッジですが、ある一定の期間経過後、速攻、説得できる?理由で解約です。

それまでに暴落をしないよう願うのみ。。。苦笑

楽天日本株4.3倍ブル

来月の新刊で取り上げることから購入してみました。

なかなか4.3倍というのはインパクトありますね。

ブル4

ベトナム成長株インカムファンド

昨年あたりから一気の上昇となっているタイミングでのご案内となりました。

一昔前と違い、きちんとベトナム株を購入しているだけでもましでしょうか。

いずれにしろ、条件には合致いたしませんが・・・

企業価値成長小型株ファンド

今年もドラクエ商法として提案がありましたファンドや債券は参考までに紹介していきます。

こちらは愛称「眼力」

地合いもいいことからパフォーマンスは現時点では堅調であり、組み込み銘柄も無難なところですね。

いちよしジャパン・ベンチャー・ファンド

未公開・ベンチャー株と比較して相対的にローリスクながらハイリターンが期待できる。

もはや私の頭では理解不能。

パワープレイの代償にならなければというところでしょうか。

ビッグデータ活用 日本中小型株式ファンド

このタイミングでどうでもいい勧誘が・・・

それらしいテーマやらネーミングですが、ビーグリーを一番組み込んだり、中小型と言いつつ、ソフトバンクもあり、単に地合いだけの基準価格となる感じですね。

華麗にスルーですね・・・

日本株テーマセレクション

3カ月毎に投資テーマの選定、入替を行い、選定されたテーマに適う日本の株式に投資を行うとのことです。

投資候補となる各種テーマの銘柄リストを作成し、各種テーマの1カ月間のリターン/リスクを測定し、パフォーマンスの上位3つの投資テーマを定量基準を用いて選定。

内容は理解しましたが、要はテーマ次第で、下落も十分にある理解で間違いないですよね。

ジャパン・ロボティクス株式ファンド

久々に某証券会社から営業がありました。

設定来6.6%ちか直近3カ月15.07%とか、相変わらず説明はある意味上手い。苦笑

しかし、キーエンス、ソニー、ゼンリンとか間違いなく自分で買わないし、このジャンルに特化した投資妙味が感じません。

ベタイン

1000万円の購入でIPOチャレンジポイント30ポイントに現金2万円。

かなり昔は10万円くらの投信でポイントを貰った記憶があります。

即解して、いくらぐらいの持ち出し(あるいはプラス?)になるのでしょうか。

私はSBIについては、2月のセミナーでお話したとおりなので、今回は見送りしております。